QLOOKアクセス解析

未分類の記事一覧

--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03/28

なぜ、これほどまでに首都圏の人々が
不安にかられて買いだめに走ってしまったのか?
精神保健指定医である河本メンタルクリニック
顧問の小野博行先生に、この不安について伺った。
「買っておくと安心」が
「買わないと不安」に変化する

小野先生は、買えなくなることへの不安が
買いだめに走らせた原因だと言う。

地震発生後、時間とともに首都圏に住む人々も
被害の大きさを知り、「もしかすると品物が
なくなるかも。備蓄食料を買っておいた方が安心」
と考え始めたころ、ひと足先にスーパーや薬局に
買いだめに急ぐ人を見て、
「買っておかないとなくなってしまう!」
という焦りが生じた。
そして実際に店頭で商品が買えなかったり、
メディアなどで店頭から商品がなくなっていることを知り
焦りや不安は急激に増大し、過剰な買いだめに走らせると
言う悪循環を生み出してしまったのだ。

不安にならないための特効薬はない

「この買いだめに走る行動は、
日本人に強く現れる特徴とも言えます」(小野先生)


日本人は店頭には物が溢れていることが当然
だと思っているので、棚が空っぽになり買いたい物が
買えないという事態に
敏感に反応してしまうのだと言う。
どれだけメディアで買いだめする必要はないと
伝えていても買えなくなることへの不安を
払拭できない限り、買いだめに走ってしまうのだ。

小野先生は、国民性を考えてもこの不安を防ぐ方法は
ないが自分が不安になっていることを自覚すること、
随分と冷静な行動を取れるようになれると言う。

不安になっていることを自覚する

程度の差はあれ、だれもが不安を感じているいまだが
過度の不安を抱き買いだめに走っていていないかを
自分の行動から確認すると良い。
小野先生は下記の3つの項目に一つでも当てはまるものが
あれば、不安が増大されている可能性が高いと言う。

必要な量・数を計算しないままに、
手当たり次第買おうとする。
他の人が自分よりもたくさん買っていると、
その人以上に買いたくなる。
買って家に戻ると、買い足りなかったという気持ちに
捕われて、また買いに行ってしまう。

「不安が介在していない購入ならば、
そこには冷静な判断があるはずで、
必要な量・数の計算はするはず。
チェックした項目が多いほど、冷静なあり方から
はずれている状態と言えるでしょう」(小野先生)

もちろん不安にかられていることを
認識したとしても、周りが買いだめに走っている
状態で自分一人が冷静になるのは
簡単なことではないが、少しでも
「本当に必要なのだろうか?」
と立ち止まって考えることが出来れば
不安は増大しないし、気分も楽になる。

「今回のケースでは、できるだけ冷静になり
視野を広く持つことが不安を増大させない方法です」
(小野先生)

こんなときだからこそ、周りに翻弄されず
冷静に行動することが
被災された方々のためにも、自分のためにも
大切なのだろう。


スポンサーサイト

03/27

東日本震災で孤立した石巻市の雄勝半島。
医師がいない状態が続いたこの地域に、
国際医療支援に取り組むNGO「ジャパンハート」
(東京都台東区)の医師石田健太郎さん(28)が入り
避難所で診察に当たった。「大丈夫の一言が何よりの薬」
こう振り返る石田さんは、前向きに生きようとする
被災者の姿に感銘を受けたという。

雄勝半島は津波により通じる道路が崩れ、
インフラも途絶した「陸の孤島」となった。
ヘリコプターなどで医療物資は届いたが、
人が出入りできるのは干潮時のみ。
長時間診療する医師はおらず、医師が来る
前に避難所で亡くなった高齢者もいたという。

石田さんが駐在した大須小学校の避難者は
約600人。みな不安な表情で、
診察が始まるなり100人以上が殺到した。
石田さんは安心させようと、診断を告げる前に
まず「大丈夫だよ」と声を掛けた。
症状はさまざまだったが、その一言で、
みんな生き返ったように表情が和らいだという。

声をかけ続けた結果、翌日以降は混乱も収束。
石田さんは「薬よりも安心できる一言が
大事なんです」と強調した。

服薬記録や検査器具が全て失われた中での
診療は困難の連続。患者との会話だけで
必要な薬や体調を推し量る手探りの診療で、
神経はすり減った。
それでも、「こんな若い医師でも必要として
くれると実感できてうれしかった」と振り返る。

避難所で過ごす中で感銘を受けたのは、
悲しみに下を向かず、役割分担しながら
復興について話し合う被災者の姿だった。
石田さんは「支えられるだけではなく、
強く前向きに生きようとする人ばかりだった」
と感慨深げに話し、
「これからも人のために頑張りたい」と、
目を輝かせた。 

03/27

福島第一原子力発電所2号機の
タービン建屋地下の水たまりで
26日に採取された水から、
高濃度の放射性ヨウ素134が
検出された。

経済産業省原子力安全・保安院が
27日、発表した。
濃度は1立方センチ当たり29億ベクレルで
運転中の原子炉内の水に通常含まれる
放射性物質の濃度の約1000万倍に上る。

また、この水たまりの表面で計測した
放射線量は毎時1000ミリ・シーベルトを
超えた。隣の3号機では、25日に作業員3人が
被曝した際、同400ミリ・シーベルトだったが
26日は750ミリ・シーベルトに上昇していた。
今後の作業への影響が懸念される。

2号機で高濃度だったヨウ素134は、
これまで大気や海水から検出されている
ヨウ素131とは別の物質で、放射線を出して
別の元素に変わるのが速い(半減期が短い)。
なくなるのが速い物質が高濃度だったことから
現在も原子炉の水が漏れ続けている
可能性があるという。

一方、同原発の放水口付近で
26日午後2時半に採取した海水からは、
濃度基準の約1850・5倍のヨウ素131が
検出された。


◉原発の安全性に絶対はない。
用心に用心を重ねても
用心しすぎる事はないのである!

03/24

◉日本の原発21カ所◉

今回の「福島第1」以外に、専門家が
特に危険と指摘している原発がありす!

静岡県の浜岡原発と、愛媛県の伊方原発である。

「浜岡原発」は東海地震の断層の真上に立地して
「伊方原発」は中央構造線に近く巨大地震が
予測されるすぐそばに建っている。
日本以外では、地震多発地帯に原発を建設するのは
考えられないことです!

「東海地震」の震源域のど真中に建っている
浜岡原発は直ちに止めるべきという
専門家は多い。
予想される大地震が起きたら
「浜岡」が甚大な被害を受けるのは明白。
その衝撃は想像を絶するという!

また、伊方原発の原子炉設計許可の
取り消しを求めた訴訟に関わった人によれば
ここは福島第1と同様に「想定外」の津波被害を
受ける恐れがあるという。

これからの日本の原発はどうすべきか?

ここまでアクシデントを起こした原発を
維持していいのかという議論が高まるのは
無理ありません!

止めるか続けるかは国民に選ぶ機会を与えてほしい、
代替エネルギーはそう簡単ではありません。

国民的コンセンサスを得た上で
どうやって原発の安全性を高めるかを
議論すべきです。

ある専門家はこう話す。
日本は地震国でありながら、次々に原発を
作り続けてきたことに問題がある。
日本に地震が起らない場所はほとんどない。
今後は、安定的な電力供給と原子力に代わる
エネルギーをどのように両立させるか
真剣に考えていかなければいけないのは
明白です。
原発列島は今、大きな岐路に立っている。

03/19


~俳優・辰巳さんのブログより~

「地獄ですよ、辰巳さん…」

安否を心配していた、石巻の友人から衛星電話が
かかって来ました。

4年間、東北地方の町おこしを応援する番組を
担当していたおかげで、各地に友人がいます。
そして彼らの多くが被災しました。心配だけど
何も出来ない自分がもどかしく、
ただ過ぎて行く日々。ブログも暫く書けません
でした。
でもそれじゃいけない。彼の言葉で目が覚めました。


「この状況を、たくさんの人に伝えて下さい。
死体がゴロゴロなんですから。
避難所にいるのに、食糧がなく、
子供が餓死してるんですよ。
お願いします、辰巳さん!」


長年この世界で生きていますから、テレビの裏も表も
良いところも悪いところも、大体わかります。
仕事が延期になり、終日地震報道を見ていましたが
やはりそうでした。画面に映し出されるのは、
恐怖シーンと感動シーンばかり。

冷徹な目で現実を見つめても、
それらは番組にならなかったり
放送コードに引っかかったりするんです。
大体、撮影クルーが入れる
比較的安全な場所の映像しか、
テレビで見ることは出来ないと
思って間違いありません。
でも、様々な材料から、現実を想像することは
出来ます。
想像力を精一杯働かせて、自分達に何が出来るか、
何をすべきか、しっかり考えましょう。


間もなく、雑誌の地震特集号が発売されて、
テレビよりずっと残酷な写真が、
次々に公開されると思います。
でも、本当はこれからなんです。
まだまだ被害の全容もわからないんですから。
長い長い復興への道程。
長期に渡る支援を考えなければ…


★☆★☆ ★☆★☆ ★☆★☆ ★☆★☆

これから、この国はどうなって行くのか、
日本人の勇気と良識が試されているようです。

★☆★☆ ★☆★☆ ★☆★☆ ★☆★☆


今回の震災で亡くなられた皆様に、
心から哀悼の意を表します。



真の復興への道のりは想像がつかないほどだと思います。
私達国民一人一人が忘れることなく
最後まで支援の輪を絶やさず
生きてゆかねばならないと思います。


阪神大震災を超える死者・行方不明者を出し、
戦後最悪の災禍となった東日本巨大地震。
被災地での捜索はいまも難航している。

 大津波で壊滅した宮城県南三陸町では、
阪神大震災で救助にあたった神戸市消防局の隊員らが
救助活動を続けているが、生存者の救出、
遺体の発見はゼロ。巨大津波が家屋をのみ込み、
不明者がどこに流されたか見当もつかないからだ。

「行方不明者がいると聞いても、住んでいた家が
なかなか見つからない」。約8000人の安否が
確認できない同町で活動する救助隊の
井上雅文隊長(55)は苦渋の表情を浮かべる。

神戸市からは消防局特別高度救助隊の第1陣6人が
地震後に現地入り。現在、活動しているのは15日に
現地入りした第2陣6人。いずれも、阪神大震災で
救助活動に携わったベテランぞろいで、兵庫県内自治体が
派遣した緊急消防援助隊兵庫県隊の中核だ。

「70歳代の女性が行方不明になっている」との情報で、
救助隊が16日午後に出動したのは、
湾の奥に面した町中心部の志津川地区。

一面津波に洗われ、壊れた家やがれきが泥の中に広がる。
女性の家はどこにも見あたらない。

ようやく見つけた家は800メートルも山側に
押し流されていた。
1階はつぶれ、がれきを取り除きながら、
2階の床板を剥がしたところで日没となり、
この日の捜索は打ち切られた。

救助隊は、がれきに埋もれた人の声を電磁波で探知する
「地中音響探知機」や、がれきの下の呼吸を感知して
生存確認できる「二酸化炭素探査装置」を
特別装備している。
ピンポイントでがれきの下の生存者を見つけ出す
最新機材だが、今回は出番がほとんどない。

現場は津波で押し流された
建物ががれきとなって山積している。
救助隊は「捜索範囲が広すぎる。
機材を使う場面にすら遭遇しない」と、
市消防局に報告する。

阪神大震災では家屋が倒壊したり全焼したりしても
被災者はその場で発見された。
どこを捜せばいいのか、はっきりしていた。

井上隊長は「家を見つけても、被災者が流されている
可能性もある。
壊れた家の下に住民がいた阪神大震災とは
まったく違う」と、活動の難しさを語った。

市消防局の担当者も「倒壊家屋からの救助が求められた
阪神大震災と、津波被害の現場では勝手が違う。
積雪といった厳しい気候条件も重なった。
隊員は懸命に活動しているのだが……」と悔しがった。

一方、地震発生直後から仙台市内の行方不明者の
捜索活動を行っている同市消防局。数百人の遺体が
発見され、行方不明者も多数いる仙台市若林区を
管轄する若林消防署の担当者は「余震の度に津波を警戒し
その度に作業を中断しなければならない」と嘆く。

ある隊員は「まだ気が張っているが、捜索が長引けば、
不調を訴える隊員も出てくるだろう」と心配していた。
(大野潤三)



福島第一原子力発電所の2号機に送電線をつなぐ作業を
担っているのは、東京電力の社員ら279人。

炉心溶融による深刻な事故を防ぐカギを握る作業は、
時間との闘いになっている。

作業員は放射能を防ぐ防護服と、活性炭フィルターを
織り込んだ防護マスク、放射線量を計る
「線量計バッジ」を身に着けている。

送電線は車両に積んだロールから垂らし、
地面にはわせるように敷設する。運転手のほか、
車両の前後に、障害物を排除したり、
送電線を引きずりおろしたりする作業員が付く。
原子炉建屋に近づくにつれ、放射性物質の量は増える。
被曝(ひばく)量が80ミリ・シーベルトを超えると、
バッジの警報が鳴る。
1人が1回に従事できる作業はここまで。
20人のチームに分かれ、交代で作業に当たる。

15日に発生した4号機の火災で、
作業員の多くは退避したが、50人は現場に残った。
送電線の敷設に携わる作業員は
その後、現場に入った人たちだ。

送電線以外に、原子炉などを冷やす注水作業なども
同時に進む。東電の子会社の東電工業、
原子炉を製造する日立製作所、
ゼネコンの鹿島などの社員らが現場にいる。
妻子がいない社員らを中心に志願者を募った。

原子力安全・保安院の西山英彦・大臣官房審議官は
18日の記者会見で「涙が出る思いで祈っている」
と語り米ABCテレビは16日放送の番組で、
現場に残った50人を「フクシマ・フィフティー」
と呼び「名もない勇者たち」とたたえた。

厚生労働省は、作業員の被曝量限度を
今回の事故に限り、年100ミリ・シーベルトから
250ミリ・シーベルトに引き上げた。
原発敷地内で観測された最高放射線量は、
一般人が1年間に浴びていい放射線量
(日常生活と医療目的を除く)の400倍
がんになる確率が高まる
毎時100ミリ・シーベルトの4倍ににあたる。


元サッカー選手で、現在はビーチサッカー
日本代表監督を務めるラモス瑠偉氏が、
生活物資の買い占めや東京からの脱出を図る
人たちに「もう一度冷静になれよ!」
と喝を入れている。  

冒頭「なんだか無性に腹が立ってる」から始まる
3月18日付けエントリーによると、ラモス氏は
いろいろな方面から電話をもらう中に、
「関西や九州や沖縄や 外国とか
なんで逃げないの?」といった話があったそうで
これに「ふざけんな!って言いたい!
東京は普通に生活出来てるじゃん 逃げたくても
逃げられないで じっとがまんしてる人々が
どれだけいると思ってんの」と激怒。

さらに震災発生後、食料品や紙類などの
買い占めをする東京の人たちに「パン1枚
おにぎり1個 カップヌードルでもなんでも
贅沢しなけりゃ2、3日位過せるだけの
たくわえなんて東京の家だったら普通あるだろ
なのに必要以上に買い占めに走り マーケットは
とんでもない状態。
ガソリンだって本当に必要なところに
まわらなくなってる もっと冷静になれよ!」と、
怒りが収まらない様子だ。

また、続々と母国へと帰国している外国人にも触れ
「帰りたい外人なんか さっさと帰れ!」とピシャリ。
加えて「残った俺達日本人でもう一度立てなおそうよ!
生き残ってる俺達が犠牲になった人達の分まで
頑張らなかったら 魂だって安らかに神様の所まで
行かれなくなっちゃうよ」と力強く呼び掛けた。

そしてエントリーの最後はこう締めくくられている。
「もう一度 冷静になれよ 東京の人間まで逃げて
どうするんだよ!やたら物を買占めて どうなるんだよ!」
「東京の人間はまだまだ恵まれてるんだぞ 自分の事だけ
考えるのはいいかげんやめようぜ もう一度 今こそ
世界に日本のがんばりを見せつけたいぞ」。


歌手安室奈美恵(33)が東日本大震災の
義援金5000万円を、日本赤十字社に寄付
していたことが18日、分かった。
安室の所属事務所は「本人が個人的に行って
いました」。安室の知人によると
「震災に胸を痛めて何か自分にできないかと
日々考えている様子」だという。

また、韓国人女優キム・テヒ(30)も、
日本赤十字社に1億ウォン(約700万円)を寄付。
テヒはヒロインを演じた、昨年放送の連ドラ
「アイリス」のロケ地が東北だったこともあり
被災を心配しているという。

トップへ | 

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。